きゅうび出版

トップページ » 頒布物 » 紫戦役 壱

紫戦役

内容

今日も紫様と愛する橙のために家事にいそしむ藍様。そこに紫様がスキマから現れました。

一方紅魔館では例の門番が例の馬鹿と遊んでいます。案外子供好きな門番はよくこの氷精と遊んであげているようですが、今日は途中で切り上げました。なにしろとても珍しいお客様……スキマ妖怪と九尾の狐が来たのですから。しかもかなり物騒な用件で。

コンセプト

百合もギャグもシリアスもコメディーもとにかくなんでも受け入れる東方界隈。様々な切り口で同人活動が出来る素晴らしいジャンルですが、またはちは『戦闘』で切ってみようと思います。

東方での戦いといえば弾幕ごっこですが、たまには「ごっこ」ではなく、本当の力で戦いたい連中もいるんじゃないかと思われます。元々血の気の多い人(?)が多いですからねー、幻想郷。それに弾幕戦以外の戦いもたまにはやっておかないと勘が鈍るでしょう。

というわけで幻想郷であまり洒落にならない悪巧みをする方といえば紫様。最強の妖獣にして式の藍様とともに、幻想郷の実力者達にガチの戦いを挑みます。まずは使い手揃いで有名な紅魔館へと向かった紫様と藍様でしたが……。

まあその……

買っていただいた方にも指摘されましたが、徒歩二分の茶戸さんの影響を受けています。絵じゃなくてコンセプトに。ガチバトル漫画はやはり徒歩二分さんが素晴らしい出来ですから。あの域にはとうてい届いておりませんが、今後も精進するつもりです。

ページ数

本文40ページ。サンライズ様に印刷をお願いしました。いつもお世話になっております!

ページ作成 2008.04.16 21:37 最終更新 2012.10.12 17:27
 
管理者